なんでよくわかんないのか?

  • 2011/10/19(水) 22:38:44

こんばんわ、たくです。

今日は経済ネタで。
新聞でもテレビでも最近の経済の話を聞いてもよくわかんないですよね。
それは当然です。ウチら国民に知られたくないことは報道しませんからね。
その上に根拠の無い危機を煽って、わかりやすいフレーズを連呼してるだけですからね。
ステレオタイプなわかりやすいフレーズを繰りかえすのは印象操作の手法なんです。
例えば社会主義国のスローガンもそうだし、マイナス方向で言うとレッテル張り(ラベリング)なんかも入るかな。
とにかく、統計・データや過去の事例等に基づいた議論がほとんど無いのが恐いよね。

で、皆さんに覚えておいていただきたいのがこの2つ。
①日本は現在デフレ不況である。
②日本は内需型経済である。(輸出対GDPは13~15%)

それではトピック1。
消費税を増税っていうけどどうなるの?
かつて橋本政権で3%~5%に税率を上げたことがありました。
97年には4兆円の増収になりましたが、98年にはデフレが進行し所得・法人で-6.5兆の減収になりました。
消費税の増税は、個人消費支出を減少させ、経済成長率の低下やマイナス成長をもたらすので、今以上のデフレの進行が予想されます。

今回は所得税も増税するのでさらに消費需要を冷え込ませますね。
ゆえに復興には阪神大震災の村山内閣のように震災国債で財源を確保すべき。
 ※増税=増収じゃないということには気をつけて下さい。(これをメディアは言わない)

トピック2
日韓通貨スワップ協定っていきなりニュースになってたけど何?コチラ
金融市場の安定とか言ってますが、一言で言うと韓国救済。
テレビじゃ「韓国経済好調!」とか「日本も見習え」とか言ってたけど、実は急激なウォン安政策が行き過ぎて為替相場がヤバイことに。ソース(中央日報日本語版)
フィナンシャルタイムまでもが警告してました。日本じゃ全然報道してなかったけどww

そこでそれを食い止めるためにドル売りウォン買いの為替介入をしなくてはいけないと。
ウォン買いの弾丸が尽きたらそれまで。
そこで、一定の期間ウォンを担保に日本円と交換する通貨スワップで乗り切ろうとしてるんです。
そこで得た円でドルを買いまくると。
簡単に言うと日本が保証人になってクレジットカードの限度額がUPしたようなもん。
これを日本側から提案っていうんだもんな、700億ドル(5兆3600億)あるんなら震災復興に使えよ。
あーもちろん韓国が経済破綻したら5兆円は・・(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル

トピック3
TPPってなに?ぜんぜんわかんないんだけど
わかんなくて当たり前です。和訳されてないからwwww
和訳も無いんだから国民がほとんど知らなくて当然。
英語っていうのは難しくてカンマ・ピリオド一つで全く意味が違ってきちゃうしね。
内容を知られたら困るんだろうね。
ここでも「平成の開国」だの「バスに乗り遅れるな」だのワンパターンのフレーズ連呼。

わかりやすいのはこのサイト
詳しくはこの動画

結論から言っちゃうと、アメリカがアメリカン・スタンダードを他国に押し付けて輸出を伸ばすための協定。
先日締結された米韓FTAも驚くほどの不平等条約だったしね。コチラ
ただしアメリカ側でも庶民にはマイナスが多く、実際には40%のアメリカ国民が反対してます。
それに対し、グローバルな大企業に多大なメリットがありますね。

アメリカも日本同様デフレが進行していて失業率も10%まで上がってます。
オバマはTPPも活用して5年間で輸出を2倍にすると公言。
TPP参加国のGDP規模で言うとアメリカ70%、日本24%でその2国だけで95%近くあります。(つまりその他5%)
さてー、オバマくんはどこの市場がターゲットなんでしょうか(笑)

まず確実なのは日本の農業は壊滅ですね。これはNAFTAでのメキシコで証明されてます。
では工業製品の輸出は伸びるか?自動車や家電などの耐久消費財の輸出はGDP比1.65%だよ?
デメリットのほうはホントに果てしなくて、非関税障壁とみなされれば健康保険などの日本の各種公的保険も提訴されて潰される可能性があるんだ。
いずれにしろ交渉のテーブルにいったんついたら降りれるものではないんだから、議論もほとんど無しで首相が独断で決めて良いものじゃないよ。
最初に戻るけど、日本経済が復活するには内需拡大しかないんだ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

間違えて経済サイトを見にきてしまった。
やっぱり次のソーリはカイチョーですね。

  • 投稿者: ぐら
  • 2011/10/20(木) 07:58:41
  • [編集]

>グラ様
たまに難しいことを書いたので疲れました(笑)
マスコミも、論理的な話をするといろいろボロが出るからスローガン連呼で攻めてきてますねぇ。

  • 投稿者: たく
  • 2011/10/20(木) 19:24:28
  • [編集]

昨日もトピック1について少し話しましたが、トピック2にも言えますが、
『大人なら経済ニュースは自分で探れ』しかないですよねぇ、この国では^^;
できれば私見の入らない金融ニュースと世界情勢も。
(ほとんどのニュースにアメリカ的な私見は入っていますが)
でも最も大事なことは『判断力を養う』ってところでしょうか。
私も20代ぐらいまでは経済音痴でしたけどねw


  • 投稿者: 名駿司
  • 2011/10/21(金) 00:04:01
  • [編集]

トピック1について
増税も難しいですよね。


このタイミングで増税のみだったら間違いなく厳しくなると思いますが、増税とセットで大幅な”ばら撒き(財政政策)”を加えたらどう思いますか?


日本国マーケット全体のパイが減少している中で、民間企業が海外志向になっていくのは当然だと思いますし、為替レートもあって、民間の大手企業が海外の企業をM&Aしたり工場の移転化するのは当然の流れだと考えられますし。

民間企業の行動を制限するのも当然難しいですし・・・

そうした場合、日本を盛り上げることができるのは、大幅な財政政策じゃないのかなー?って思うんですよね。

まあ、官民の癒着、政治家と圧力団体との関係もあると思いますから(あくまで想像)、上手くいくかは疑問ですけどね。

(まあ、教科書通りにはいかないんですね)

増税=増収の件に関しては、短期でみたら減収になるのは間違いないと思いますが、中長期でみたら、増税=増収になると思っています。(7%~10%の範囲であれば)

97~98年度の所得法人に関しては、アナウンス効果が働いたと考えて、まず間違いないと思いますし。
当然、たくちゃまも理解してると思いますが。

まあ、あくまで個人的な主観ですけどね。


まあ、どっちにしろ贅沢品と言われるようなモノは確実に厳しいでしょうね。
もう、百貨店とか高級~~なんていうモノは軒並み売れなくなりそうですね。

こうなったら、ディフェンシブ銘柄で攻めるしかないですね。

  • 投稿者: ちやん
  • 2011/10/21(金) 00:31:54
  • [編集]

>まりっちゃ
市場主義経済が円滑にまわるには正確な情報が大事ですよね~。
日本の既存メディアはライブドアショックの寸前までデイ・トレード煽ってたんで、ほんと信用してません。

  • 投稿者: たく
  • 2011/10/21(金) 07:21:17
  • [編集]

>ちやん
いわゆる財政出動ですね?
それは今の財務省の増税・緊縮財政指向から言って無理ですね~。

消費税については、
財務省の一般会計税収は97年以降は、消費税率アップ前までの水準に1回も達したことはないです。
また公債の発行も現在に至るまで増加、日本のGDPで言うと名目成長率、実質成長率ともに悪化。
日経平均株価は96年には20,000円だったものが98年には13,000円に大暴落してますね。
たった2%でこれですからね、しかも当時は経済が回復基調にあったんです。

将来はともかく、現在の日本のデフレ不況時に消費税率を上げたらどうなるか・・・。

  • 投稿者: たく
  • 2011/10/21(金) 07:34:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する